トップページ > 進路 > 卒業生の声

卒業生の声

【上智大学 法政大学 合格】 佐藤峻

柏日体は「なりたい自分」になるために全力でサポートしてくれる学校です。強い信念をもっているならば、その種を芽吹かせ、大きな花を咲かせてくれる先生方、互いに競い合える仲間たちに出会うことができます。私は高校受験では思う通りの結果がでませんでしたが、その悔しさをバネにして、高校1年生の時に難関私大合格を目指すことを決めました。そして3年間努力を重ね目標を達成することができました。しかし自分一人では達成することはできなかったと思います。進むべき方向に導いてくれた先生方や良いライバルである友人たちと一緒に過ごすことができたからです。きっとあなたも柏日体でそんな出会いがあることでしょう。

【帯広畜産大学 東京農業大学 合格】 渡部紘平

「3年間、部活も勉強も全力投球、文武両道を目指す!」これが入学した時の目標でした。

一般受験は確かに厳しいです。自分の弱点を見つめ、自分をぎりぎりまで追い込みながらも、目標に向かって努力し続けること、この経験が私を本当に成長させてくれました。また時間の制約がある中で時間の管理術や自分をコントロールする術を身につけられたように思います。部活を最後まで続けることができ、国立大学に合格することができたのも、常に高い志を持つ仲間と応援してくれる先生方のおかげです。柏日体での三年間は、私にとって最高の成長の場でした。
【首都大学東京/早稲田大学/上智大学 合格】
花田孝汰

「勉強は将来役に立たない」ということがよく言われますが、私はそうは思いません。高校で習う勉強はそれだけで目的となることはありませんが、志望大学で興味ある分野を学ぶための、自分がなりたい職業に就くための、重要な手段です。そう考えると、自分の中で勉強の重要性が増しますし、将来の進路も重みが出てくると思います。柏日体は体を鍛えて勉強に励むのに絶好な環境です。ジョギングのできるコースや各種競技のグランドがあり、キャリアルームには進路の資料や過去問題集、が用意されています。こうした環境の中で仲間と切磋琢磨し、知性や人間性を養うことができるのは幸せだと思います。

【早稲田大学 明治大学 合格】 栗原大輔

私は大学受験を目の前にして、基礎・基本の大切さを痛感しました。1年次から難関大学を志望していたのですが、自分で勉強する時には、むやみに難しい問題集に取り組んでしまい、行き詰まってしまうことがありました。柏日体で行われる授業や補習では、まず基本事項の確認を繰り返します。先生方も基礎を甘く見ないよう、繰り返しアドバイスをくださいました。基礎の習得がやる気につながり、自信にもなったと思います。受験が近付き、過去問題に取り組むようになると、難関大学であっても基本事項の定着が不可欠であることを実感しました。将来は語学と教育学をしっかり学び、言語の背景にある文化まで教えられる語学教員を目指したいです。

【中央大学 理工学部】 原口 晋輔

柏日体では、先生方の受験指導が丁寧で大学AO入試の小論文添削や模擬面接など細かいところまで教えて頂きました。また学習面では大学受験に向けたカリキュラムやそれぞれの進学希望に対応した指導をして下さいました。また目標を持つこと、夢を実現することの大切さを熱心に教えてくれ、「なりたい自分」を3年間で気付かせてもらいました。また私は陸上部で部長をつとめましたが、勉強をしながら部をまとめ、競技にも力を入れたことは良い経験です。部活動の面ではナイター施設や人工芝のサッカーグラウンド、その他にもトレーニングルームやコンディショニングルームなど施設は素晴らしいです。

【明治大学 文学部】 和田 友貴子

柏日体の体育祭、文化祭などの行事は毎年盛り上がります。行事が多いので、クラスの仲間や友人との仲を深める機会も増えることにつながり、明るく楽しい雰囲気の学校です。また、この学校の特色は学習、部活動、あらゆる自主的な活動において「チャレンジしたい!」という意志をもって行動すれば全力で支えて下さる先生が多いところだと思います。親身になってご指導くださる先生方のひと言で視野が開けた経験が何度もあります。私はこうした経験から大学で日本文学を学び、国語の先生として柏日体に戻りたい。自分がして頂いたように受験だけではない勉強の楽しさを伝えたいと願っています。